英語の映画やテレビドラマ、NO!

または歌の歌詞などで時々耳にする

「What part of “NO” don’t you understand?」

というセリフがあります♪

 

何度もうるさく頼んでくる人に対して、

「だめと言ったらだめ!」

というニュアンスの、ちょっと怒っている表現です。

 

直訳すると・・・

「NO(という言葉)のどの部分が理解できないの?」

という質問になります。

 

ちょっとこの表現、かっこよくない?

一度使ってみたいな~なんて思ったりします(笑)!

 

もちろん、頼む側としては、

こんなことを言われるようでは、

頼み方が下手なんですよね!

 

私はよくこんなアドバイスをします。

何かを頼むとき、一度「NO」と言われたからと

すぐにあきらめてはいけない。

「NO」は、3回言われてからあきらめましょう。

 

しかし、その手前で、

お願いする時の黄金のルールは、

相手に対する愛情と敬意をもって、

明るく、軽く、前向きに!

 

逆に、暗い、重たい、偉そうな言い方では、

何を頼まれても嫌ですよね。

そんな調子で何度もしつこく言われたら、切れるかも(^^;)

 

もしそんな感じで、何度も嫌なことを頼まれたなら、

このセリフを言うチャンス到来!

「What part of “NO” don’t you understand?」

私の”NO”のどの部分が理解できませんでしたか?

 

映画の主人公になった気分で

一度言ってみたいです~(*^^*)

 

そして自分が頼むときは、

そう言われないように、

相手に対する尊敬と愛情を忘れずに~(^0^)/

 

~☆~お知らせ~☆~

愛されながら、チャンスの扉を開ける
『女性の交渉力~基本講座』

ただ今、第7期生受付中!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA