fruit shopping本当でしょうか?嘘でしょうか?

「強い交渉者は、
相手が提示した条件をそのままOKしない。」

嘘です!

 

もし1万円相当のものを
心優しい営業マンが
「8千円でいいですよ」
と言ってくれたら、さらに叩きますか?

とんでもない。

 

その時、手持ちが6千円しかないなら、
「6千円になりませんか?」と
泣きすがるのは、ありだと思いますが。(笑)

 

ただし、相手が提示した金額を
そのままOKした後に

「あれで良かったのかな~?
もっと頑張ってもらったほうが良かったのかな~?」

と、ちょっと気になるようでしたら、
その結果に100%満足していない証拠。

 

どんなにフェアな条件を出されても、
100%満足していない自分がいるなら、
準備が足りなかったということになります!

 

不満が残らないために準備をする

 

では、どんな準備をするのか?

 

道端でフルーツを売っている人がいたとします。
美味しそうな産地直送のメロンがあります。

 

え?そんな時、準備できるの?

 

そんな時は、頭の中で素早く考えましょう。

 

(ふむふむ、大玉だから、
スーパーでは、500円~700円かな。
美味しそうだから1000円してもおかしくない。
でも700円以上払うなら
スーパーで買ったほうが安心。

600円ぐらいなら買ってみてもいいかも?
500円だったら、お得感がある!)

 

という感じで、
相場と自分の価値観を目安に目標を決めます。

⇒ 500円~600円なら買う!

 

自分の価値観で、目標を決めておく

 

ちなみに、目標設定に「正解」はないです。
相場を知っておくことは大事ですが、
相場は、あくまでも目安です。

最終的には自分の価値観で決めます♪

 

そこで、販売員に「いくらですか?」と質問します。
もしも、こんな答えが返ってきたら?

「一玉500円でいかがでしょうか?」
(^0^)!!

 

もちろん、迷いなく「買います!」と答えてOK♪

自分で「お得」と決めた条件が出されたのですから!

 

そこで疑問が湧く人もいるかも?

 

「はて?こんなにすんなり
安い金額を言うってことは、
美味しくないのかな~???」

そんな疑問が湧くなら、率直に聞いてみて
相手の反応を見ましょう。

 

「なんでそんなに安いの?新鮮じゃないの?」

*この時、恐い顔をしないでね。
いつでも笑顔です☆

 

質問しながら、相手の顔を良く観察しましょう。
言葉より表情のほうが正直ですから。

 

「いや、新鮮ですよ!」
と言いながら、頭を掻いたり、赤面したり、
もじもじするようなら、嘘かもです。

 

まあ、ここでは
怪しそうではなかったと想定して。。。

 

感情アピールで、もっと得する方法!?

 

「買う!」と決めたその時は、
せっかくなので、感情アピールを付け加えると、
もっと良いことがあるかも?

 

「えっ、500円?安い~!
こんなに大きくて、美味しそうなメロンが500円?
今日は、ラッキーかも!」

 

相手は、嬉しくなりますよねー。

もしかしたら。。。
「よかったら、こちらの桃も、一つおまけしますよ!」
な~んちゃってね(*^^*)

 

でも、わかりませんよ~。
あり得る、あり得る!
その時、桃の4こパックまで
買ってあげる義理は全くありませんからね。(笑)

 

私だったら、
狙っていた金額が
向こうからすんなり出たならば、
とっておきの笑顔でこんなことを言ってみるかも?

「一つ500円ですか!もしかして、
2つ買ったら、もうちょっと安くなったり?」

 

「ダメ」と言われたら、テヘヘ~って感じで、

「そうですよね~!(^0^;)」 と、ごまかします♪

いつでも、可能性はありますからね(笑)

 

交渉の準備は、成功への近道です!

 

交渉の準備って、いろいろです。

大事なビジネス交渉なら、
半年、一年かけることもあります。

 

でも、とっさの出来事に対して
その場で、頭の中で準備することもありです!

 

準備にかける時間と労力は、
その交渉事の重要さによって決まります。

 

どんな準備でも、準備さえしておけば、
「あれで良かったのかな~?」
と悩むこともなくなります。

 

目的は、自分の満足と、相手の満足。

同時に、信頼関係を深めることができれば、
交渉は大成功です!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA