女性の交渉力ビジネス交渉力の研修事業にかかわり、
交渉力の本も書いて、
それでも自信が持てない自分に悩んだ時期がありました。

男性たちに教えて喜ばれるテクニックでも、
自分が使う気になれなかった。

男性が言えば通る話でも、
私が言うと聞いてもらえなかった。

同じことをやっているのに、
同じ結果が出せない私は
いったいどこが間違っているのだろう?

もっと男らしく「ガツン!」と言ったほうがいいのだろうか?

でも、男ではないんです…(泣)

 

そんなことをモヤモヤと思いながら
10数年の年月が経ちました。

最近はようやく、
海外でも、日本でも、
ビジネス界の第一線で活躍する女性たちが
「男性と女性は違う」
「まだまだ男性社会である」
「男性と肩を並べて働く女性たちは、
男性より多くの困難を乗り越えなければならない」
と声を大ににして主張してくれるようになりました。

 

やはり、ただ男性と同じことをするだけではだめなんですよね。

だから女性は、女性ならではの
ビジネススタイル、交渉スタイルを見つけて、
男性には真似できない得意技をたくさん身に付けましょう!

 

男性は、男性らしくガツン!と言って、女性は、女性らしくしなやかに主張する。

同じではなく、それぞれが一番得意な方法で!

 

本当に男女平等の社会とは、そういうことでしょう♪

 

Facebook社CEOのシェリル・サンドバーグさんのスピーチを聞きながら、
私も頑張って、「女性の説得力」の研究に、いっそう力を入れたいと実感しました。

彼女のように、今までの男性社会におかれて、
輝かしく地位を確立するのは、並大抵のことではないですね。

女性にとって辛いことを受け入れたり、
女性にとって大切なことを犠牲にしたり。

 

でも、普通の人は(笑)、そこまで無理したくないですよね。

どういうバランスが良いのかは、
人それぞれだと思いますが、
彼女のようなロールモデルが存在することは、励みになると思います♪

 

シェリル・サンドバーグさんの著書もお勧めです。
LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲』

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA