職場で突然、部長から怒鳴られた!
ミスした心当たりもないのに~~

そんなとき、あなただったら
どうしますか?

以前、上司(課長)の指示で、
各部署の責任者にデータ提出の
依頼メールを出した直後のこと。

別部署の部長から
「誰の指示でこんな依頼をしているんだ!!」
とお怒りの返信メールが飛んできました。

しかも、全員に返信で・・・

メールは配信する前に上司も確認し、
文章に問題はありません。

「なぜそんなに怒っているの~??」
予想もできず、動揺しました。

上司も驚いて
「私の指示です。」
とすぐに返信メールを出してくれました。

~☆~

こんなメールを受け取ると、
怒りが込み上げたり、
落ち込んだり、
どう対応すれば良いか焦ってしまいます。

そんなときは、
自分の反応より、
相手を理解することに
意識を切り替えるのが大事です。

冷静になって、
部長がなぜそのようなメールを
されたのか聞くことにしました。

~☆~

すぐに電話して、
お怒りメールの真意を
伺いました。

部長も私からの電話に
驚いたようですが、
怒りの理由を話してくれました。

私からの指示メールの内容が、
その前に部長が提案したときは
却下されたものだったとか。

私は社内会議で決まった内容を
上司の指示で配信しただけ。
上司もその事情は知らなかったのです。

私にすれば、”とばっちり”ですが、
そう知って安心しました。

結果的に、依頼のデータは
出してもらうことができ、
事態は丸く収まりました。

~☆~

相手が感情的になっていると
つい逃げたくなりますよね。

その相手が役職者だったりすると、
言いづらく、どう対応したらよいのか
考えます。

「不満」や「怒り」のネガティブな感情の中に、
本音は隠れています。

相手が怒っているときは、
相手を理解することに
意識を切り替えてみて下さいね!!

解決法も見つけやすくなりますよ。

 
メルマガのご登録はこちらから:
愛され交渉術のメールレッスン【女神通信】