これからは、お金より信用の時代になる。
そんな話を聞いたことはありますか?

 

2018年の秋、お金の特集番組で、
体に埋め込んだICチップで
支払いができる国がもうすでにあるという
話をしていました。

 

コメンテーターが
「将来、どこで誰が何の支払いをしたか
記録されるのが当たり前になったら、
現金でのやりとりは、足がついたら困るお金を
使う人がするものと思われるかもしれないですね。」
と言っていました。

 

そんなふうになったら、びっくりですね!!

『お金より信用の時代』
に向かっている感じはします。

 

信用というと、私は大学時代に先輩から聞いた
「信用を得るのは3年、失うのは3秒。」
という言葉を思い出します。

 

つき合う期間が同じでも
信用のできる人と信用できない人が
いますよね?

 

同じ人が言うことでも、
その人の専門分野の話は信用できるけれど、
専門外の話はどうも信用できないということも…

 

信用はどうしたら得られるのでしょうか?

 

約束やルールを守る、
嘘をつかないなどが浮かびますが、
それだけではありませんよね?

 

服装や姿勢など見た目でも、
信用力は変わります。

 

言葉遣いや声のトーン、
声の大きさでも変わります。

 

約束した以上に
こちらの望むことをしてくれると、
より信用につながり、
こちらの望まないことだと
信用にはつながらないなど、
行動も影響しますね。

 

あなたが信用できるのは、
どんな人ですか?

紙に書き出してみると、
無意識だった信用も
見えてきますよ!

 

3/9のミニセミナーでは、
声と交渉術の側面からの
信用力をテーマにお話します♪

 

声と信用はどんな関係があるの?

 

信用を得る伝え方はあるの?

 

どんなことが信用につながるのか
一緒に考えてみたい方、
お待ちしています!

 

より信用力を高め、
信用できるつながりを広げましょう!

 

メルマガのご登録はこちらから:
愛され交渉術のメールレッスン【女神通信】

LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]