皆さんは、仕事のときに感情を出しますか?
なるべく抑えていますか?

大声でわめいたり、泣いたり、
相手の気分を悪くするネガティブ感情を
ぶつけるのは、相手を困らせてしまいます。

ですが、
「感情で人は動く」
ということを覚えておきましょう!!

~☆~

皆さんは、2015年のアメリカのアニメ映画
「インサイド・ヘッド」
を観たことありますか?

11歳の少女ライリーの中に住む
5つの感情たちが、彼女を幸せにしようと
奮闘するお話です。

5つの感情というのが、
ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、
ビビリ、カナシミ。

この感情たちが、
彼女の行動を左右します。

そして、本人だけでなく
関わる相手の感情にも影響を与え、
相手の行動も左右するんです。

~☆~

トラブルで引越先に荷物が届かず、
寝袋で眠ろうとするライリーに、
ママが話しかけるシーンがあります。

最初は不安と不満で、
しかめっ面をしているライリー。

それが、ママのこんな言葉で笑顔になります。

「ありがとう。
いつも幸せな笑顔をみせてくれて。
ライリーとママの笑顔で
お父さんを元気づけてあげたいの。」

しかめっ面の相手に、
こんなふうに言うのは
なかなか難しいですけどね~

暖かい言葉をかけられると
しかめっ面で居続けるほうが辛くなります。

~☆~

そう、相手に動いてもらいたいときは、
気分がよいと感じるポジティブ感情で
アプローチするのが効果的です。

それは仕事中でも同じ!!

仕事でなにか提案されるとき、
「そのやりかたは意味がないと思います!!」
と無表情で単刀直入に言われたら、
どう感じますか?

嫌な感じですよね~

正直、話を聞きたくなくなります。

でも、
「いつもありがとうございます。」
「この間は助かりました^^」
など、明るくねぎらいの言葉のあとに、
「この仕事の話ですが、
もっと効率良くできるようにと考えたのですが、
聞いてもらえますか?」
と言われたら、どうでしょう?

聞いてみよう!
という気持ちになりますよね?

私も以前はクールな正論攻撃で、
反感を買っていました^^;

悪気はなかったのですが、
”ビジネスに感情は不要”
という思い込みがありました。

そして、
”仕事中は感情のことを考えなくていい”
と感情はポジティブもネガティブもすべて
シャットダウンしていました^^;

「感情で人は動く」と学んでからは、
「やってられない!」と思うときでも、
まず相手がうれしくなりそうな言葉をかけました。

そのときの相手の反応は、
正論攻撃のときとは正反対!!

反感を買うことなく、
話を聞いてもらえたり、
動いてもらえることが増えました♪

”ビジネスに感情は不要”と
思い込んでいそうな、常にクールな人が、
私の言葉でうれしそうな顔をしてくれると
心の中で「やった!」とガッツポーズしてました(笑)

相手に動いてもらいたいときは、
ポジティブ感情でのアプローチ、
試してみて下さいね。

 

メルマガのご登録はこちらから:
愛され交渉術のメールレッスン【女神通信】

LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]