自分のために何かを頼むって難しい?

 

毎月開催しているミニセミナーで、
「皆さん、頼みごとは、しにくいですか?」
と質問したことがあります。
その時は、ほぼ全員が「はい」と答えました。

 

そうなんですよねー。でもなぜでしょう?

 

女性と男性は違う生きもの

 

女性には、母性本能があります。

だから女性は、
誰かを守り育てることに生き甲斐を感じるのですね。
さらに、女性特有の脳の構造があります。

これによって、自分の感情だけでなく、
他人の感情まで察して、敏感に反応します。

 
さらに、さらに、そこには
女性ホルモンの影響が重なります。

女性ホルモンは、
自分のニーズを後回しにしてでも、
周囲の人(特に家族)を優先したい
と思わせるホルモンです!

*本当に優先したかったかどうかは、
閉経後にやっとわかるそうですよ(笑)!

 
さらに、さらに、さらに!
10代から50代までの男性には、
テストステロンという男性ホルモンがつきもの。

それがなんと!
男性たちに無条件で「自分は偉い、優秀だ!」と
錯覚させるそうです!!

女性の体には、ごく少量しかない男性ホルモンが、
男性と女性の「自信」の差を作ってしまうのです!

 

女性を取り囲む偏見

 

と、こういう事情を世間は
はっきりとではなく、潜在的に分かっています。

だから、なぜだか分からないけど、
自分のために「〇〇をください」とか、
「〇〇してよ!」とストレートに頼む女性は好かれません。

女性は自分を優先しない、
周りに気を遣う、という考え方が常識化して、
「私、私!」と主張する女性は
「協調性が足りない」
「女性らしくない」と思われがちなのですね~(-0-)

 

じゃあ、私たちは、どのように頼めばよいの??

 

そこで、頼んでも愛される女性の「み・か・た」
という3つの方法を覚えておきましょう!

「み」=みんなのため

「か」=関係のため

「た」=大切な人のため

多分、皆さんも何気なく使っていると思いますが、
改めて意識してみてください。

 

では、どういうことか、事例で紹介します♪

 

「み」=みんなのため

自分が早く帰りたい時・・・

×「あ~も~早く帰りた~い!!」

「皆さん、お時間大丈夫ですか?
 あまり長時間だと疲れますよね?
 そろそろ仕上げて帰りませんか?」

 

「か」=関係のため

先輩にもっと手伝ってもらいたい時・・・

×「先輩!分からないから手伝ってください!」

「先輩にご迷惑かけないように、
 一人でできるようになりたいです!
 なので、今回は一緒にやっていただけますか?」

 

「た」=大切な人のため

取引先に無理をお願いする時・・・

×「この条件でお願いします!」

「本当に心苦しい限りですが、
 上司がどうしてもこの条件にこだわるのです」

 

「た」は、うちの交渉上手な娘も良く使いますよ。

娘は、オムライスが大好物。
でも、夫も卵料理は好きなので、こんなやり取りがよいあります。。。

 

「夕飯、何にしようかな?」

「オムライスが良いんじゃない?パパが喜びそう!」

「あなたが食べたいからでしょ?」

「てへへ~♪」

 

そうそう、下心見え見えでもいいんです!

それでも「私、私!」というより、
「皆様のために~」と言うほうが断然愛されますから♪♪
自分の望みを叶えたいとき、
ちょっと言葉に工夫を加えて、
“誰かのため”を含めた表現で求めてみてください。

 

より通りが良いうえ、
母性や女性ホルモンに邪魔されず、
抵抗なく言えると思います!(⋆^^⋆)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA