交渉術は、人の心を動かす
とっても便利な道具です。

便利なだけに、
愛情をもって使っていただきたい。

その中でも特に愛情が大切な
「威嚇テクニック」をご紹介します^^

~☆~

「威嚇」とは何でしょう?

「脅し」という意味もありますが、
英語に訳した「威嚇」は「Threat」

ビジネス用語としては、
市場における不況や競合など、
ビジネスリスクとみなされる要因を
「威嚇」といいます。

「威嚇」は、交渉術の用語でもあり、
列記とした説得法の一つなのです。

~☆~

何かをしようとするとき、
何事も多少なりのリスクが伴います。

場合によっては、
このリスクをしっかり把握したうえで
行動しなければとても危険だったりしますね。

交渉では、相手が
好ましくない方向へ向かっているとき、
そこにはリスクがあるということを
知らせてあげることを「威嚇」と言います。

もちろん、その「好ましくない方向」
というのは、あくまでも主観的な見解です。
つまり、人によって感じ方は異なります。

なので、
もう少し寝ていようとする娘に
「今すぐ起きないと遅刻するわよ!」

という威嚇は
あくまでも母親の主観であり、

娘自身は

「あと5分寝ていても遅刻しない!」
という主観をもっていたりします。

~☆~

しかし、

デートの日、身支度が遅い娘に

「彼が早く来ちゃうかもよ!」

という威嚇は、
十分に可能なこと!!

かなり効果的な威嚇であると言えます。

娘が気づかずのんびりしていたなら、
忠告してくれた母親に感謝するでしょう!

そして、
「ヤバイ!」
と言いながら、急いで支度するでしょう(^^)

~☆~

威嚇も、
愛情をもって使えば相手の
リスクヘッジを助け、
こちらが希望する行動を促します。

ということで、
「威嚇」自体は悪いものではありません。

使う人次第です!

威嚇するならば、
相手のリスクヘッジを助けるつもりで
愛情と優しさをもって使ってくださいね!