前の記事では、
人によって情報開示のスタイルと
好みが違うというお話をしました。

 

今回は、具体的に、
初対面でどうすればいいのか
というお話です。

 

これには、愛され交渉術の
「人に温かく、条件に粘り強く」
のスタンスを応用すると、
こんなアドバイスができます。

1.相手をよく見て

2.間違いなく共感できる話題を選び

3.間違いなく返事がくる質問をする

 

最初は、かなり選択肢が制限されます。

でも、話が進んでいけば、
だんだんと話題が広がっていきますよ。

初めての時に
たいした会話にならなくても、
気にしないで!

相手に嫌な思いをさせなければ、
また2度目、3度目のチャンスがきます♪

〜☆〜

これを実践しようとした時に、
「間違いなく」
が大事なキーワードとなります。

どんな展開になるのか見てみましょう♪

若い新入社員、Kさんのお世話を
頼まれたとします。
「はじめまして」を交換した後に・・・

「Kさん、今日はいいお天気ですね!」
(間違いなく共感できる話題)
「あ、そうですね」

「池袋駅は人がすごいでしょう?」
(間違いなく共感できる話題)
「ええ、電車も混んでいました」

(電車の話題が出ました!)
「Kさんは、何線ですか?」
(間違いなく返事できる質問)
「山手線です。3回乗り換えてきますけど」

(お家の最寄り駅が聞けそう!)
「そうなんですか!お家はどこですか?」
(間違いなく返事できる質問)
「千葉の流山です。田舎です(^^)」

こんな感じで・・・

 

〜☆〜

 

相手をよく見ながら、
間違いなく共感できる話題から入り、
間違いなく返事できる質問だけをします♪

 

では、以下のような質問はどうでしょう?

「ご結婚されていますか?」
「どこの大学ですか?」
「前はどんな仕事をしていましたか?」

 

人によって答えたくなかったり、
プライバシーの侵害に感じる人もいるでしょう。

 

安心して対応できる話から入れば、
そのうちに、聞いても大丈夫そうな話題が
だんだん見えてきます。

 

大丈夫と確信できてから聞きましょう♪

 

〜☆〜

 

人によっていろいろな
情報開示のスタイルがあります。

 

そして誰でも、
相手に開示してもらいたい情報は
自分自身が開示して良い情報とほぼ一致します。

 

だから家族の話をしたくない人には
自分の家族の話もしないのが無難です。

 

このように、
心地よい領域を上手に探りながら、
相手の好みに合わせてあげると
その人との関係が
いい感じでスタートします。

 

ぜひ試してみてください(^0^)

 

4/21は、愛され交渉術の基本を学べる
『人間関係の悩みをすべて解消!
愛され交渉術ワンデー講座』
を開催します。
気になる方は、こちらをご覧くださいね!

 

メルマガのご登録はこちらから:
愛され交渉術のメールレッスン【女神通信】

LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]