ドキドキすることってありますか?

幸せなドキドキなら歓迎ですけど、
苦手な場面で緊張して
ドキドキするのは嫌ですね!

今回は、そのドキドキ対策を
お伝えしますね♪

 

~☆~

交渉以外にも
会議での発言、
大事なお客様の接待、
人前でのスピーチやプレゼンなど、
緊張してドキドキする場面があります。

緊張は仕方がないとしても、
胸のドキドキ、息切れ、
震える手、もじもじする癖!

 

身体が勝手に出してしまう
緊張シグナルが気になって
余計に恥ずかしい~~!!

 

どうしましょう!?

 

~☆~

 

交渉術が得意な女性たちは、
そんな時どうすると思いますか?

どうしてもドキドキする時、
彼女たちは
そのドキドキの意味を変えるのです!

「わくわく☆ドキドキ☆」

「なんと刺激的な体験でしょう!」

「ジェットコースターのような興奮!面白い!」

 

~☆~

 

ドキドキ感を

「緊張」、「恐怖」、「不安」

と理解すると、
ネガティブ思考にとらわれ、
自信を失い、本来の能力が発揮できません。

そして相手の目に映る自分が
恥ずかしいだけです(--;)

しかし、同じドキドキを

「興奮」、「刺激」、「わくわく感」

と解釈すれば、
自然と前向きになれて、
相手の安心感と信用をつかめます♪

ドキドキしながらも
ポジティブ感情を
持ち続けることができて、
やるべきことがちゃんとできるのです!

 

~☆~

「私、緊張している」と思ったら、

「私、興奮しているのね!」

と置き換えて、笑顔を取り戻してください。

どうしてもそわそわしちゃうなら、
相手に素直に言ってみてください。

例えば・・・
「一緒にお仕事できて嬉しいです!
なんだか興奮しちゃいます♪」

憎めなくて、かわいくて、
ぐっと相手との距離を縮める
女性ならではの即効テクニックです!(^0^)

 

~☆~

ということで、
心臓がバクバクしてヤバイ!

とパニックしそうになったら、

「わくわく♪ドキドキ♪なんと刺激的!」

と、楽しんでみてくださいね~(^0^)

きっと緊張感に振り回されず、
良い結果を出せると思います!!

 
メルマガのご登録はこちらから:
愛され交渉術のメールレッスン【女神通信】

LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]