最近は仕事で、
「メールしといて!後で見るから。」
とメールやチャットでのやりとりも
多いですよね?

 

メールは、お互いの時間を拘束せず、
記録に残るメリットもあります。

 

ですが、緊急対応やお金のやりとりなど
重要な案件では、直接話をするといった
コミュニケーションも大事です。

 

今回は、良好なコミュニケーションが、
トラブルを回避したお話しです。

 

海外営業の仕事をする夫から、
こんな話を聞きました。

 

海外の取引先から、
「振込先が変わったのですか?」
と電話がありました。

 

話を聞くと、夫の名前で
振込先変更の連絡がメールが
きているとのこと。

 

心当たりはなく、
そのメールを転送してもらうと、
自分のメールにそっくりの文面。

 

振込先変更の文章が加わっているほかに、
違うは、メールアドレスの一文字だけ!!

 

日本貿易振興機構(ジェトロ)の
サイトでも注意喚起されている
「送金先変更詐欺」のメールでした。

 

振込み前に取引先から連絡があったことで、
トラブルにはなりませんでした。

 

「お金のやりとりなど重要なことは、
メールだけでなく、必ず電話で連絡します。」
と伝えたそうです。

 

別なところで、詐欺とは気づかず、
数百万円振り込んでしまった
という話も聞いたそうです。

 

取引先から、
「今月の振込はまだですか?」
という連絡で詐欺に気づき、
被害にあってしまったと。

 

いつもなら電話確認する人でも、
たまたま誰かに頼んだり、
メールだけで指示を受けたときは、
要注意ですね(>_<)

 

メールに慣れてしまうと、
直接会うことや電話をするのが、
面倒に感じることもあります。

 

日頃からコミュニケーションが良いと、
話しやすいですよね。
そんな関係でいることで、
避けられているトラブルもあります。

日頃のコミュニケーションがないときでも
重要なことは直接話して確認しましょう!

 

メルマガのご登録はこちらから:
愛され交渉術のメールレッスン【女神通信】

LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]