あなたは自分がどんな言葉を使っているか、
意識していますか??

大事なことを伝えるときは
言葉を選びますが、
日頃の会話では無意識に
なっていることも多いですよね~

今回は、交渉術の専門家が考える、
人間関係を良くするための
言葉の選び方をお伝えします♪

~☆~

交渉力って何でしょう?

「交渉力=説得力」
だと思われがちです。

でも、説得力だけが交渉力
ではありません!

もうひとつ、交渉上手な人が持つ
力があります。

それが、「人間関係力」。

単に仲良くするとか、
信頼されるだけではなく、
その関係をすごーく良いものにする。

「愛情を育む」ほどの、
理想的な関係を作れる力です♪

その人間関係力、
私たちが選ぶ言葉に現れます。

~☆~

「言霊」と言うように、
言葉にはパワーがあります!

言葉選びのコツはズバリ、
「やる気がでる言葉」を使うこと!!

残念なことに、
これに気が付いていない人は、
「やる気がでない言葉」
を選んでしまいます!!

もちろん、嫌なことや
やりたくないこともありますが、
それでも言葉だけは
「やる気」にすることで、
人間関係が良くなるのです。

では事例をもって説明しましょう!

~☆~

子どもを持つ人は、
一度は経験するであろう
PTA活動。

思えば、PTAという活動は・・・
失敗事例の宝庫(笑!!

今まで聞いてきた言葉を
悪い事例(やる気がでない言葉)と、
良い事例(やる気がでる言葉)を
セットにしてご紹介しますね。

比べてみて下さい♪

×「仕事がある日は行けません!」
〇「仕事がなければ行きます!」

×「新しいことはやりたくないです!」
〇「去年と同じでいきましょう!」

×「これって超めんどくさい!」
〇「これさえ終われば楽だよね!」

どうでしょう??

やる気がでる言葉の選び方、
分かりましたか?

~☆~

えーーー!それだけ?

と思うかもしれませんが、
それだけで人間関係が変わります!

何かを言いたい時、
嫌だとか、面倒だとか、
ちょっとネガティブな感情が
心にあったとしても
それを表現する言葉は
ネガティブじゃないほうがいいんです!

学校のPTAは特に、
「やる気がでない」言葉が多いので、
人間関係のトラブルも多いですよねー。

言葉を変えるだけで
気分が軽くなります。

~☆~

どんなに嫌な仕事でも、

「一緒に頑張ってみましょう!」

「せっかくだから楽しみましょう!」

という声かけがあるのと無いのとでは
その人間関係が大きく変わってきます。

そしてその人間関係が
全ての結果を左右します。

だから「言葉選び」は慎重にね♪

~☆~

今度、お子様や旦那様に

「なんでできないの!?」

と言いたくなったら、

「どうしたらできるかしら?」

と言ってみて(^^♪

難しくないです♪

やるかやらないか、です(^^)

LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]